簿記・経理

簿記・経理の活用・・・規模・業種にかかわらず、あらゆる事業活動に欠かせない必須知識

簿記3級講座・・・専門用語や処理法を覚え、簿記の仕組みがわかるまで。

画像の説明

簿記が全く初めてという方、実務経験はあるが体系的な勉強はしたことがないという方を対象としています。
簿記の基本となる記帳ルールを中心に、商品売買の取引をモデルにした各帳簿への記入方法や企業に関わる様々な人に経営活動を報告する為の簡単な財務諸表の作成方法などを学習します。
財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務にも役立ちます。

簿記2級講座・・・財務表を読み取り企業の経営状態をつかめる

2級では本格的な株式会社の簿記について学んでいきます。会社というものがどんなものかわかり、ビジネス社会の仕組みも見えてきますので、勉強がますます面白くなるはずです。また商業簿記に加えて工業簿記もスタート。初歩的な原価管理の勉強も始まりますから、財務的なものの見方、考え方にもふれることができ、企業経営状況が把握できるよういになります。

簿記1級講座・・・上場企業の経理部門で経営の管理・分析も行える

大学程度の商業簿記や工業簿記、原価計算、会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法則を理解し、経営管理や経営分析ができる能力を養います。大企業の経理プロあるいは会計指導者を目指す方には最適な講座です。また、この講座で取得を目指す日商簿記1級は、税理士試験の受験資格として認めらているように、名実ともに簿記・経理の最高峰として評価されています。

取得起案の目安

3級・・・2か月~
2級・・・4か月~
1級・・・6か月~

簿記検定の代表「日商簿記検定」

日商簿記検定は、日本商工会議所が各地商工会議所と共同で実施するもので、簿記・経理に関する検定試験としては我が国でもっとも歴史が古く、実施規模でも最大です。経理事務と経営状況を把握する基礎技能として、多くの企業が採用や人事異動の判断に活用したり、自己啓発として取得を奨励しています。

  • 受験資格
    学歴・年齢・性別・国籍の制限がなく、誰でも受験できます。
  • 試験時期
    毎年年3回、6月・11月・2月に実施されます。
    6月(第2日曜日)4級/3級/2級/1級実施
    11月(第3日曜日)4級/3級/2級/1級実施
    2月(第4日曜日)4級/3級/2級実施(1級は実施されません)
  • 試験科目・合格基準
試験科目試験時間合格基準
1級商業簿記・会計学1時間30分70%以上
 工業簿記・原価計算1時間30分
2級商業簿記・工業簿記2時間70%以上
3級商業簿記2時間70%以上